ステンレス製 スノーピーク パーソナルクッカーNo3 レビュー

Camping Gear

特徴はステンレス製だということ

チタン製やアルミ製のクッカーが多い中なぜこれを私が選んだかと言うと

安くて丈夫

これにつきます(笑)

積載が限定されるバイクではキチキチに荷物をつめる為、丈夫なものがいいと思ったからです

スノーピーク(snow peak) パーソナルクッカーNo3 CS-073

チタン製はとても魅力的なのですが高価なので・・・予算オーバー

アルミ製については・・・ 関連記事を参照してください(笑)

良いところ

惚れ惚れするほど美しい(笑)

ステンレス製なので丈夫な上に錆に強い

持ち手が熱くならない

コストパフォーマンスが良い 8点セット

良くないところ

重い

ステンレス製なので熱伝導率が悪い 焦げる

目盛がない

ターナー レードルの取っ手がちゃっちい

サイズ

サイズ:137ビリーポット/Φ137×75mm150プレート/Φ150×18mm150フライパン/
 Φ150×32mm132プレート/Φ132×18mm122ビリーポット/
 Φ122×70mm120ディッシュ/Φ120×30mm収納サイズ/Φ150×80mm
 重量:700g

見ていきます

クック&テーブルウェア 8点セット  パーソナルクッカーNo3 と表示されています サイドにはセット内容が詳しく書かれています

中から取り出すと一つ一つ丁寧に傷がつかないようビニール袋に入っています

8点セットと収納袋 全て出したところ

全部をスタッキングしたところ 収納袋はポリエステル製の赤色 真ん中にsnow peakのロゴ

150Φと130Φのプレートが1枚ずつ入っています 画像は表側と裏側

120Φのディッシュが1枚 画像は表側と裏側

コンパクトな折り畳み式のターナー(フライ返し) ちょっと強度が心配

折り畳み式のレードル(お玉) こちらも強度が心配 伸ばした時カチッと止まらない

150Φのフライパン 薄いステンレス製なのでかなり焦げやすいです(経験上) コツとしては熱伝導率が悪いので全体が温まるまで中火にすることです 強火だと変形する可能性があります 全体的に十分温まったら油を入れます お肉を焼く場合は肉自体からも油が出るまで動かさないことです またタレは火を消して予熱で最後に入れる方が焦げ付かずに良いです(素材によります) ちなみに私は別途鉄のフライパンを使っています(笑)

ビリーポットは137Φと122Φの2つです

気になったところ

残念ながら No3 クッカーにはスノーピークロゴどこにも見当たらないです

私のだけだったりして・・・(笑) 箱の写真を見ても無いようです

メスティンでも同じようなことがありました 私の持っているラージメスティンにはロゴがありませんでしたが現在はあるなど製造年でも変わるのかも知れませんね(№3 未確認)

プレート(平皿)とディッシュ(皿)はついていますがフタはついて無いです

ステンレス製は丈夫なのですが8点セット全部を持ち歩くには重すぎます(笑) 必要な物だけに絞った方が良いです

今は廃番になって作ってないのかもしれません ネットでは価格がもの凄く上がっています なのでパーソナルクッカーはアルミかチタンの方がいいかもしれません

アルミパーソナルクッカーセット

チタン パーソナルクッカーセット

関連記事

後日アルミパーソナルクッカーセットご紹介します

EPI(イーピーアイ) 便利なアルミ6点食器セット C-5307
EPI(イーピーアイ) アルミ6点食器セット C-5307のレビュー
trangia トランギア メスティン TR-210 TR-209 万能クッカーです
trangia トランギア メスティン TR-210 TR-209 家で炊飯する場合のコツ
スノーピーク(snow peak) トレック 900 1400 炊飯レビュー
スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008 1400 SCS-009 炊飯
DUG(ダグ) 焚火缶 3点セット が便利です 家でアウトドアで
DUG(ダグ) 焚火缶 3点セット DG-0103 BL20C(クッカー用鍋つかみ) 使ってみて
ケトル No1 と ケットルクッカー 蝶ボルト仕様 好みはどちら
スノーピーク ケトルNo1 CS-068 キャプテンスタッグ ケットルクッカー M-7726