※画像をクリック・タップすると拡大表示するように随時更新します

ムラエ レインボーオイル と 灯油 と LUNAX MINI MGT-4 と

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムラエ レインボーオイル

私はフォレストヒル キャンドルランタンに

ティーキャンドルではなく

ムラエの LUNAX MINI MGT-4 オイルランプを使ってます

百均ショップで購入したバナナスタンド(バナナ吊るし)にかけて使用しています

これ結構便利です

LUNAX MINI MGT-4 は4時間燃焼なので燃え尽きないように燃料を補充することを心掛けています

ふと思いました

デイツやフェアーハンドランタンには灯油を使用しています

また、ムラエ レインボーオイルを使用することもあります

ここで考えました

ムラエの LUNAX MINI MGT-4

普段はレインボーオイルを使用しています

が、

これって・・・

もしかして灯油でもいけるんじゃないかな?

ムフフ

レインボーオイルはちょっと高価

灯油を代用できたならかなり安く済みます

試してみる価値はありますね(笑)

小学生の頃を思い出して実験してみるかな

そのままでは危険なので調べてみることに

問題は引火温度

ホワイトガソリン          -40℃

アルコール燃料(メチルアルコール)  11℃

灯油(白灯油)            40℃

レインボーオイル           98℃

ここで絶対にしてはいけないのが

ガソリンとアルコール

滅茶苦茶危険です

爆発の危険があります

名前から分かるように、デイツやフェアーハンドランタンはオイルランタンです

ムラエの LUNAX MINI MGT-4 はオイルランプです

どちらもオイルです

アルコールランプではありません

なので絶対にガソリンとかアルコール類は使用しないでください

早速実験してみます

ムラエの LUNAX MINI MGT-4 の中にはまだレインボーオイルが半分程残っています

面倒くさいのでそのまま灯油を足しました(笑)

レインボーオイル50:50灯油 位だと思います(いい加減なので)

結果

普通に使えました(笑)

夜中から明方までに、ほとんど燃料を使い果たしました

次の日

またまた面倒くさいのでそのまま灯油を足しました

レインボーオイル15:85灯油 位だと思います(いい加減なので)

普通に使えました

最初だけは・・・

ふと見ると

炎が大きくなっている!

気のせいかな?と思い、もう一度確認

やっぱり大きい

・・・見なかったことにしよう

放置

灯油の匂いがするようになってきました

ランプの炎がフォレストヒルの天板にまでとどいている!

いい加減に消してみると

中は煤で真っ黒になっていました

私の考え

たぶん引火温度の違いで炎が大きくなったのではないだろうか?

レインボーオイルは引火温度98℃なので今まで安定していたのでは?

逆に灯油は40℃

フォレストヒルの中で温められ気化して炎が大きくなったのでは?

実際に炎を見比べると

レインボーオイルを使った芯は小さく安定して燃えています

灯油を使った芯はより多く気化しているのか、炎が大きくより明るいです

時間がたつにつれ大きくなるようです

これは灯油ランタンでも一緒です

左 レインボーオイル 小さくて可愛い炎が安定しています
右 灯油       継足し、灯油の割合が多くなると炎が大きくなった

また灯油は燃焼時間も短い気がします 炎が大きくなるので当然の結果でしょうか

もう一度灯油を入れ火をつける

レインボーオイル2:98灯油 位だと思います(いい加減なので)ほとんど灯油です

今度は蛍光灯もつけてよく見てみる

炎から黒い筋が上に立ち昇るのがわかる 煤だ

フォレストヒルの天板を覗くと煤がマリモみたいに巨大な丸になっていた

”まっくろくろすけ”です(笑)

左 レインボーオイル ステンレスの焼き色が綺麗です

右 灯油       煤で真っ黒になりました

ガラスを取り外してみると

ボトッと煤が落ちてきました

黒いものが煤 大量に発生しています

芯で炎の大きさを調整する必要がありますね

元々芯は、少ししか出していないので微調整に手こずりそうです

レインボーオイルの良いところ

引火温度98℃と高く安全です

灯油のような匂いが少ない あえて言うならろうそくのような匂い

煤が出にくい

名前の通り色々なカラーがあります 選ぶのが楽しいです

レインボーオイルの良くないところ

価格が高い

結論

私は LUNAX MINI には素直にレインボーオイルを使うことにします

やはり安全性と灯油のような刺激臭が無い、煤が出にくいので掃除の手間がない このアドバンテージは大きいですね あとは価格が下がるといいのですが・・・(笑)

専用オイル以外を使う方は自己責任で

灯油とレインボーオイルは、50:50 位の割合なら煤を抑えることが出来るようです
混ぜるのが面倒でない方は,自己責任で割合を色々試すのも面白いかも知れませんね
(気が向いたら割合の実験でもしようかな)

おまけ ガソリンについて

高校の頃、男ばかり海でキャンプし焚火をしていました

風が強く、なかなか火が付かないのでペットボトルにガソリンを1L買ってきましたよ

火は直ぐにつき、ガソリンは殆どが余りました

バイクの燃料にすればいいものを友人”ハルク”がキャップ(フタ)にガソリンを入れ焚火に投げ入れていました

その度に

ボワッ

と物凄い炎が立ち上がりました

”ハルク”はそれが楽しいようでずっと遊んでました

うひょー!

すると沢山入れすぎたのか手にガソリンがつき、そのまま投げ入れたところ

炎が焚火から”ハルク”の方へ

あっと言う間に両手が火だるまに!

人が燃えるのをはじめてみた瞬間でした

すぐさま砂の中へ手をつっこみ火は消えました

が、火傷してその後ずっとブロックの氷を掴むはめに

全員からバカにされたのは言うまでもないですよね(笑)

ガソリンって火が付くとあっと言う間に広がりますので扱い注意です

ムラエ LUNAX MINI ルナックスミニ にはレインボーオイルですね

関連記事

UCO オイル化 パラフィンオイルと灯油の混合割合 燃焼時間と燃費について

UCO(ユーコ) キャンドルランタン オイル化して家でも使うよ

フォレストヒル キャンドルランタンで癒されます

ムラエオイルランプ LUNAX MINI MGT-4 を使ってます