可愛い ケトル trangia(トランギア) TR-325 レビュー

Camping Gear

トランギアのソロ用ケトル TR-325 0.6リットルのご紹介

ずっと前から気になっていた商品です

ただお湯を沸かすだけなら鍋でもできるし・・・わざわざやかんを買う必要があるのか・・・

でもアルミやかんならお湯が沸くのが早いだろうからガスの節約にもなるし・・・

物ばっかり増えても置くところもないし・・・お金もかかるし・・・うじうじ(笑)

消費税10%前についに決断 贅沢と思いながらも思い切って購入しましたよ(笑)

trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325

良いところ

何と言っても可愛いです

注ぎ口が楕円形なので注ぎやすい

アルミなので沸くのが早い

取っ手が取り外し可能になった

良くないところ

トランギアの製品は表面加工処理されていないアルミ無垢 (スノーピーク等日本製はアルミアルマイト加工されています)
なので”ならし”が必要 面倒くさいかも

そのうち黒ずんでしまう アルミなので仕方ありません 関連記事参照

バリがあっても普通と思いましょう(笑)

見ていきましょう

このデザインはとても可愛いです

真上からと底の画像 底は細くなっていくデザインが可愛い 実用性は真っ平の方がいいかも

ハンドルを立てた状態 中にシミのようなものが・・・見なかった事にします(笑)

個別に見ていきます フタにはtrangia のロゴ 雑だなぁ ただ型押ししただけのように見える(笑) 反対側には空気穴 焚火だと持ち手は溶けるかも

ハンドルの黒いラバーチューブは、はめ込んでいるだけ 簡単に取れます 焚き火など火が回り込む場合外しておくと溶ける心配がありません

ハンドルは立てるとカチッと止まります

注ぎ口は楕円形 右画像は中から見た注ぎ口

ならし

実際に使用する前にならしましょう

まずは漏れがないか水を入れて点検します 約600㏄入れてみました ギリギリですね

箱のサイドには注意書きがありますのでよく読みましょう

それでは注意書きの通りに進めていきます

お米をといで残った汁を入れます 弱火で10分ほど沸騰させます

テレビを見ていたら拭きこぼしてしまいました(笑) これでアルミの匂いも消え被膜もできます

お疲れ様でした

ハンドルの黒いラバーチューブですが溶かしてしまった時や無くしてしまった場合シリコンチューブフッ素ゴムチューブで代用すると良いと思います

本来ならハンドルを外して石鹸水で滑らせてチューブを取り付けるのですがテストの為、面倒くさいので半分から切り込みを入れてオリジナル同様にはめ込みました

内径3㎜ 外形5㎜がピッタリでした  後は熱をどれだけ遮断できるかな(未検証)

内径4㎜ 外形6㎜では大き過ぎました(SOTO レギュレーターストーブ ST-310にはピッタリです) 右画像で隙間があるのが分かるだろうか

溶かしたら交換しようと思いました が、

私の性格上溶けるなら最初っからチューブ無しで行こうと思います(笑) 手袋でもいいしね

チューブ無い方が可愛いと思うのは私だけでしょうか (余計面倒な事に) (笑)

濡らした布巾が最強なのですが(厨房等)クッカーつかみを使っています 火傷に注意

(素直にラバーチューブ戻せばいいだけなのですが 笑) ワイヤーは穴にきれいに入り掴めます

家で使う方が多くなりそうです

我が家でコーヒーを飲むのは私一人

家にあるやかんは一人用には大き過ぎました

これでより手軽に楽しめるようになります

毎日使うことになりそうな予感

私が購入したのは0.6ℓタイプ

0.9ℓタイプ

1.4ℓタイプ

クッカー用鍋つかみ

ラバーチューブの替え用に 私のは内径3㎜ 外形5㎜のシリコンチューブ サイズに注意

こちらは赤の耐熱シリコンチューブ 他にも青や黒、黄色やオレンジなどもありますよ

シリコンチューブは色違いもあるのでお好きな色をチョイスすると良いと思います より耐熱性を求めるならフッ素ゴムチューブもいいかも

色々選ぶのも楽しいですよね

関連記事

ケトル No1 と ケットルクッカー 蝶ボルト仕様 好みはどちら
スノーピーク ケトルNo1 CS-068 キャプテンスタッグ ケットルクッカー M-7726
メスティン アルミクッカー 黒ずみ 野外炊飯とウインドスクリーン
メスティンアルミクッカー 黒ずみの手入れ 野外炊飯 ウインドスクリーンなど