※画像をクリック・タップすると拡大表示するように随時更新します

スノーピーク リトルランプ ノクターン で素敵な夜を

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Camping Gear
スポンサーリンク

スノーピーク ガスランタン リトルランプ ノクターン

キャンドルのようなガスランタン
スノーピーク リトルランプ ノクターン

かれこれ8年程使っています
今も現役です(2024年2月)♪

ノクターン 一目惚れでした
早速ご紹介

見てみましょう

箱の中には本体とケース・取扱説明書が付きます

ケースにはホヤが割れないよう上下共に緩衝材が入っています
この気遣い キャンプ好きには嬉しいですよね

本体を横から見たところです
斜めになっているところからライター等で点火します

ギザギザになっているところで火力調整します
ガス栓のつまみにはプレートがついていてシリアルナンバー?が記されています
画像は裏側の注意事項です

110サイズのガス缶に取付けるとこんな感じです♪

良いところ

  • とても小さなガスランタン
  • キャンドルのような灯火
  • とにかく可愛い

良くないところ

  • 点火装置が付いてないのでマッチやライター必須

サイズ

サイズ

  • 直径42×幅40×高さ105mm
  • 重量 102g
  • ガス消費量7g/時間

素材
材質:アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼

燃焼時間

  • 110G 約15時間
  • 250G 約35時間
  • 500G 約71時間

ノクターンにはその小ささから
OD缶の110サイズがとても似合います
スノーピーク(snow peak) ギガパワーガス110 プロイソ GP-110GR

使い方

ガス栓がちゃんとしまっていることを確認してOD缶に繋げます

ガスを出し火を近づけて点火

簡単ですね
直進性のあるターボライターよりは
チャッカマンなどのノズルの長いライターを推奨します

斜めの部分から点火します
火がつきやすいような形状になっています
画像のように使ううちに焦げて黒くなってしまいます

炎の調整は点火部分の上のリングを回します
ガス栓のつまみは点火と消化のときに使用
回せばガスが多く出て明るくなるということではないようです

マントルがなく直接ガスに炎が灯る
ガス消費量1時間当たり7g
低燃費使用です

つかない 私がした・・・失敗談

OD缶を取付けていざ点火

れれ?? つかない??
・・・何で? 壊れたかな?

暫く考える
「分解するか・・・どうせ壊れてるなら壊しても一緒だしな」
※ 絶対に分解しないで下さい ガスが漏れたら大変危険です!!

「もう一度最初からやり直してみるか・・・
ダメだ 何度やってもつかない・・・諦めた」

取敢えずガス栓をひねって閉めます

あれれ?? 回らない・・・

・・・そうです 私はガス栓を全開のままOD缶を取付けていたのです

安全弁がついてるのか?分かりませんがガスが出ていなかったのです
もう一度ガス栓をひねって閉めます
閉めたのを確認してOD缶を取り外します
再度OD缶を取付けてガス栓を開けて・・・点火!

無事つきました(笑)

ノクターンと言えばショパンですよね
夜想曲
夜に(を)想う曲ですね(そのまんま 笑)
薄っすらと靄がかかり静まり返った夜更けに、珈琲を淹れながら
物思いにふける

そんな素敵な夜を過ごすのに相応しい灯火です

スノーピーク(snow peak)  ノクターン

ギガパワーガス110 プロイソ GP-110GR

関連記事

コールマン ルミエールランタン で癒しの時間
コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン レビュー
OD缶 CB缶 色々あるけれど どうやって選んでる?海外の機器には
OD缶 CB缶 サイズ 性能 色々なメーカー